週刊「エネルギーと環境」記事見出速報 毎週木曜日発行

週刊エネルギーと環境・最新号見出速報


今週の見出し

週刊「エネルギーと環境」2675/2022/5.19
今週号8ページ


第1レポート>CCS事業の条件整備本格化、炭素税未定がネックに

 経済産業省は「CCS長期ロードマップ」をまとめるとともに、
国内でのCCS事業を2030年までに実現するための具体的な条件整
備に入った。当面は事業化のための支援措置を固めるとともに10本
超とされる関連法整備などを検討する。CCSコスト評価では炭素
税導入の未定がネックとなりそうだ。


第2レポート>都のカーボンハーフ対策、建物規制強化と再エネ義務化

 小池東京都知事が「2030年までにCO2 50%削減」の実現を目指
し取り組んでたきた環境確保条例の改正概要案が有識者会合で示され
た。排出量の約7割を占める建物対策を柱に省エネ規制強化や再エネ
設置義務などを行なうとともに、都内の電力供給事業者に再エネ利用
を促す。今秋にも条例改正を目指す。


ザ・キーマン>地域に根差した企業目指す原電・村松社長に聞く(上)

 ロシアによるウクライナ侵略と経済制裁は国際エネルギーの不安定
化を一挙にもたらし、わが国も非常時のエネルギー・環境政策のあり
方が問われている。中でも原発をどう有効活用するかは国民的課題だ
。そこで、原子力の老舗である日本原子力発電の村松衛社長に抱えて
いる宿題や国際情勢の変化などを語ってもらった。


<ジャンル別週間情報>
●経産省版クリーンエネ戦略中間整理、政策方向提示(エネルギー・環境・経済対策)
●エネ需給一括束ね法案、参院で可決され成立(関連法案動向)
●経済安保法が成立、経団連は協調関係構築を要求(関連法案動向)
●高圧ガス保安束ね法案は衆院可決で参院審議へ(関連法案動向)
●東北電、浮体式洋上風力事業化へ可能性調査開始(省・新エネ)
●JOGMEC、NZ研究機関と地熱開発協力を強化(省・新エネ)
●自民党原子力委が環境相に安全規制見直しを要望(原子力一般)
●東北電、国連グローバル・コンパクトに署名・参加(電力・ガス)
●JパワーとENEOS、CCSで連携・事業化判断も(CCS・CCUS事業)
●環境省、猛禽類の風力発電衝突防止へ手引改定(生物多様性保全)


<エネ環ダイジェストリスト>
※今週は<エネ環ダイジェスト>ありません



先週の見出し

週刊「エネルギーと環境」2674/2022/5.12
今週号8ページ


第1レポート>脱炭素投資2030年17兆、10年で累計150兆円の試算

 岸田首相は5月5日、英国の金融街ロンドン・シティで「新しい資本
主義」について講演した。講演では日本の脱炭素投資方針に関して言
及。CO2等削減目標を達成するために脱炭素投資を30年に年間17兆
円、今後10年間で官民協調により累計150兆円の実施を目指すと表明
した。


第2レポート>建物省エネ改正案国会提出、再エネ導入促進策も展開

 政府は、「建築物省エネ法等一括改正法案」を閣議決定、国会に提
出した。同案では、原則すべての新築建物に省エネ基準適合義務を課
すほか、市町村が定める「再エネ利用促進区域」では再エネ導入効果
の説明義務を建築士に課す制度を創設する。ただ国会日程はタイトで
、成立は予断を許さない。


特別寄稿>初の電力需給逼迫「警報」の教訓とDRの役割

 今年3月の史上初となった電力需給逼迫警報だけではなく、近年は
需給逼迫の事態が常態化しつつある。どうすべきか。まずは国内資産
である原子力発電の再稼働を急ぐべきである。さらに需給逼迫に即効
性がありカーボンニュートラルにも効果のある需要側対策として、上
げ・下げDRの政策誘導の具体化だ。


<ジャンル別週間情報>
●経産省、脱炭素新規電源投資支援制度の対象拡大へ(電力・ガス)
●東電の「第4次総特計画」、徹底反省し事業再構築(電力・ガス)
●大手電力21年度決算、収益悪化で厳しい経営運営に(電力・ガス)
●関西電力社長に森副社長就任へ、再建へ主導(電力・ガス)
●中国電力新社長には瀧本副社長昇格へ(電力・ガス)
●経団連がCN実現に年2兆円・国債発行を提言(地球温暖化対策)
●山口環境相、自動車工業会と脱炭素の意見交換(地球温暖化対策)
●五島市沖洋上風力、国内初の公募占用計画認定)(省・新エネ)
●北九州響灘洋上風力発電の工事優先交渉権者選定(省・新エネ)
●竹中工務店など、愛媛県で地域連携バイオマス発電(省・新エネ)
●さがみはら、メタン発酵熱電併給事業に1億出資(食品廃棄物対策)
●大阪・関西万博向け「グリーンビジョン」改定(大阪・関西万博)
●北九州市など、条件付きでPCB処理再延長同意(PCB)
●鴨下元環境相、田中元原子力規制委員長ら叙勲(表彰・催事など)


<エネ環ダイジェストリスト>
※今週は<エネ環ダイジェスト>ありません



[見出し速報自動配信申し込みへ] [戻る]